日本の景観の素晴らしさ

日本の景観の素晴らしさ - 日本の景観をよくしよう!

日本の景観をよくしよう!
【Sponsored Links】

日本の景観の素晴らしさ

日本には、景観の素晴らしい名所がたくさんあります。
その1つが、日本三景です。
日本三景には、松島と天橋立、厳島がありますが、どちらにも、海や山、木々といった、日本ならではの自然が作り出した、えも言われぬ美しさがあります。
海の青と木々の緑が生み出すコントラストが、実にきれいなのです。

【Sponsored Links】


また、函館山からの函館の夜景や、六甲山系の摩耶山から見下ろす神戸の夜景、稲佐山で見る長崎の夜景など、日本三大夜景を代表とする夜景の名所も数多くあります。
特に日本三大夜景では、港の灯りと、その土地の地形が作り出した独特の街灯りの様子が、感動的な美しさとなっています。
これは、人と自然が作り出した景観ではないでしょうか。

この他には、日本の伝統的な庭園である日本庭園も、素晴らしい景観を作り出しています。
その代表が、日本三名園です。
日本三名園には、金沢の兼六園と、岡山の後楽園、水戸の偕楽園があります。
こうした日本庭園では、池や石、草木を配置して、四季折々の景観を楽しめるようになっています。
このような庭園は人が作った景観ではありますが、そこに美しさを添えているのは、天然の石の形や、草木の季節ごとの表情など、自然の力なのです。

このように、日本の美しい景観は、その多くが、自然によって作り出されています。
そのため、こうした景観は、太陽や月、花、草木、雪などといった自然のオプションとともに、時間や季節ごとにまた違った美しさを醸し出してくれます。
こうした様々な表情を見みられることが、日本の景観の素晴らしさではないでしょうか。

また、このようにたくさんある日本の名所には、句碑や歌碑、文学碑などが立てられていることも少なくありません。
古くから、句や歌に詠まれたりしているのです。
こうした記念碑を見る限りでは、景観の素晴らしさを知る心は、大昔の日本人と変わりないことがわかります。
古くから受け継がれてきた、このような素晴らしい日本の景観を、これからもずっと、守り続けていきたいものです。